PressRoom.jpプレスルーム0803ニュース記事

ニュース

2008年3月

ペット保険で車いす製作や火葬費を補償する特約をセットに(08.3.31)■風力発電の電気で動かすエコ・サーバーのレンタル開始へ(08.3.27)■頭髪の実際の発毛過程をウェブでリアルタイムに公開(08.3.24)■日本のオンラインゲームをベトナム市場で展開へ、現地との合弁会社(08.3.21)■車椅子にも対応した中高年向けのカナダ留学プログラム(08.3.18)■テーブルに桜の花をデザインした水滴模様を描くロックグラスとサケグラス(08.3.17)■携帯電話にも"格差"を、とダイヤあしらった40万円の端末を販売(08.3.14)■QRコードを設置した墓石発売へ、墓参りではケータイで故人しのぶ(08.3.13)■流行のマンゴー、ペルー産のアンデスマンゴーを日本市場に投入(08.3.12)■クリスタルガラスを張り付けたキラキラのデコシャープペンを発売(08.3.11)■全国のご当地アイスクリームお取り寄せサイトが少量お試しセット発売(08.3.10)■ホワイトデーのお返しで男性の2割近くが本命にも「あげない」(08.3.7)■生活に天気を役立てる天気の専門家を認定する天気検定の1級を初実施(08.3.6)■日本の旅行情報サイト英語版を中国簡体、繁体字、韓国語版でも展開(08.3.6)■山口にある三国志の博物館「三国志城」がオープン10周年記念イベント(08.3.5)■公衆無線LANの無料アクセスポイントから広告配信する新ビジネス(08.3.4)■携帯電話につないで通話できるバブル時代のゴージャス受話器発売(08.3.3)

ペット保険で車いす製作や火葬費を補償する特約をセットに

08.3.31

 ペット保険のペットメディカルサポート(東京都渋谷区)は、犬と猫を対象に、治療費の補償に加えて車いす製作費や火葬費を特約としてセットにしたペット保険を5月に開始する、と3月31日発表した。車いす製作費や火葬費を補償するペット保険は国内初という。ペットメディカルサポートは、保険業法の改正(2006年4月)によってそれまでの共済方式から3月26日付けで株式会社の少額短期保険業者に変更。5月1日に営業を開始する予定。営業開始にあたり、従来にない車いす製作費や火葬費を補償する保険を開発。商品として治療費と、車いすを製作して生活を維持できる維持費用担保特約、火葬費用等担保特約をセットにした。ペット市場が拡大する中、今後もさまざまなペット用保険が登場しそう。

ペットメディカルサポート(前身のペットメディカルサポート共済会) 
http://www.ps-club.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=23364

風力発電の電気で動かすエコ・サーバーのレンタル開始へ

08.3.27

 インターネット関連サービスのアイリンク(仙台市青葉区)は、風力発電で作った電気を使って動かすサーバー「グリーン電力サーバ」のレンタルを4月1日開始する、と3月27日発表した。青森県大間町の市民風車を運営するNPO法人から「グリーン電力証書」を購入し、同社のホスティングサービスの年間使用電力を100%まかなう。これによって年間約4トンのCO2排出削減に寄与する、という。

 グリーン電力証書は、自然エネルギーで発電した電力の環境付加価値を、第三者機関による認証を経て証書化したもの。同社のグリーン電力サーバにサイトを置く企業は、環境問題に配慮してサイト運営を行っている姿勢を広くアピールできる。サーバーレンタルサービスは価格競争が激しく、各社とも差別化に苦労しているが、同社は環境を付加価値にした。今後他の業種でも、環境がビジネスのキーワードになりそう。

アイリンク
http://www.ilinksys.co.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=23230

頭髪の実際の発毛過程をウェブでリアルタイムに公開

08.3.24

 頭髪発毛施術サービスと関連商品販売の毛髪クリニック リーブ21(大阪市中央区)は、同社の会員2人が1年間、発毛に挑戦する過程をインターネットで公開するプロジェクト「発毛実感の365日を4月4日スタートする、と3月24日発表した。従来公開されなかった髪の毛が生える過程を画像で見せるとともに発毛過程を明らかにして、同社のサービスによる効果をアピールする。同社で発毛施術を受ける25歳の男性2人の頭部を、定期的に撮影し、髪の毛の生えていく過程をウェブで公開。ブログで2人の発毛への取り組み方や普段の生活も紹介する。この種のサービスは、施術前と後の写真は公開しても、過程はなかなか公表しなかった。リアルタイムで過程を紹介する今回のプロジェクトは、新しい取り組みとして注目されそう。

毛髪クリニック リーブ21
http://www.reve21.co.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=23106

日本のオンラインゲームをベトナム市場で展開へ、現地との合弁会社

08.3.21

 コンテンツサービスとシステム開発ベンチャー、ソフトサイン(東京都渋谷区)は3月21日、ベトナムのIT企業、NCS Corporationと合弁で、日本のオンラインゲームをベトナムで展開する会社、NCS Mediaを設立し、6月をめどに本格的なサービスを開始する、と発表した。ソフトサインは、日本のゲーム、音楽、アニメなどのコンテンツをアジア市場で展開するために昨年10月設立。NCS Corporationはベトナム国営放送局のポータルサイトを構築しているシステムサービス企業。

 ソフトサインは、経済成長を続けるベトナム市場の将来性に着目。既存のエンターテインメントが少なく、インターネットや携帯電話の普及に伴ってオンラインゲームが急速に浸透しつつあることから、極めて大きい市場になる、と判断した。現在、6月のゲームポータルのサービスインと3種類のゲーム配信に向けてローカライズを実施。初年度に5本のタイトル供給と、100万人の会員獲得を見込む。

ソフトサイン
http://www.softsign.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=23062

車椅子にも対応した中高年向けのカナダ留学プログラム

08.3.18

 カナダ・バンクーバーで留学、ロングステイビジネスを行っているトワイライト・トラベラーは、日本人中高年向けのカナダ長期滞在プログラム「カナディアン・カルチャー遊学」の参加者を募り、4月末に日本で説明会を行う、と3月18日発表した。カナディアン・カルチャー遊学は、バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学構内で実施する中高年向けの留学プログラム。午前中は同大で英語を学び、午後はエコツアーや地元のサークルとアクティヴィティーを楽しむなどの内容。

 大学寮に滞在するが、1人1部屋でシャワー付き。車椅子対応の部屋もある。日程と旅行代金は、6月18日~7月10日が69万9000円、 7月16日~8月7日が75万9000円。2005年から実施し今回で4年目。これまで50代前半から80代前半が参加した。日本の連絡先は、とらべる通信(電話03-3553-3105)。団塊世代の大量退職によって、中高年向けの海外旅行市場が拡大しているが、観光プラスアルファのこうした留学プログラムの需要も今後見込まれそう。

トワイライト・トラベラー
http://www.twilight-traveler.com/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22970

テーブルに桜の花をデザインした水滴模様を描くロックグラスとサケグラス

08.3.17

 インテリア雑貨、キッチン用品をネット販売するPLUMEART(プリュームアート)=東京都港区=は3月17日、コップの表面に結露した水滴が、テーブルに桜の花の模様を描く「サクラサクグラス」で、従来の一般的なグラス1種に加え、焼酎やウィスキー、梅酒などロックに使うロックグラスと、日本酒をそのまま味わう際に利用するサケグラスの2種の新作を発売した、と発表した。ロックグラス2310円、サケグラス1890円。グラスの底部が桜の花の模様になっている。同社は、グラスを持ち上げると気付くテーブルに桜模様に、小粋で意外な遊び心が感じられる、とアピール。桜の開花が待ち遠しい今の季節にぴったりかも。

PLUMEART
http://www.plumeart.com/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22814

携帯電話にも"格差"を、とダイヤあしらった40万円の端末を販売

08.3.14

 富裕層ビジネスコンサルティングを行うビーナスインターナショナル(東京都渋谷区)は、1台39万900円の高級携帯電話を企画し製作。1000台限定で3月14日販売開始した、と同日発表した。「Cosmic Shiner exclusive(コスミックシャイナーエクスクルーシブ)」と名付けたこの端末は、昨年の夏モデルで広く販売されている機種「fanfun. SoftBank 815T」がベース。デザイナーの山本寛斎さんがパネルをデザインし、14個のダイヤモンドをあしらった。ダイヤモンドパネルは、機種変更や破損などで端末を使用しなくなった際、アクセサリーにリメイクする。同社は、富裕層が拡大しているのに、身近な携帯電話はサラリーマンも学生も同じような端末を使い、格差がなかった、とアピールしている。

ビーナスインターナショナル
http://www.venusinternational.co.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22818

QRコードを設置した墓石発売へ、墓参りではケータイで故人しのぶ

08.3.13

 石材、墓、葬儀の石の声(甲府市)は、同社の扉が付いた墓石シリーズ「供養の窓」で扉の内部にQRコードを設置し、携帯電話で読み取って故人の画像を画面で見られるようにした墓を開発。4月1日に販売開始する、と3月13日発表した。QRコードは鍵をかけられる扉の内部にあるため、鍵の保有者しかアクセスできず、他人に故人の画像を見られることはない。QRコードで墓のサイトにアクセスすると、故人のプロフィル、思い出の写真などが見られ、墓参りに来た人たちが足跡を残せるよう、携帯電話から記帳できるようにするという。履歴を共有することで誰がいつ墓参りしたのか、他の親類が分かる仕組み。利用するQRコードは、ロゴ、キャラクター、写真など画像を組み込んだ「デザインQR」。

石の声
http://ishinokoe.co.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22766

流行のマンゴー、ペルー産のアンデスマンゴーを日本市場に投入

08.3.12

 農産物専門商社のキノス(東京都大田区)は、ペルー産のマンゴーの取り扱いを開始し日本市場向けに販売する、と3月11日発表した。ペルー産マンゴーは主に欧米向けに輸出され、日本ではあまり知られていなかったという。フルーツ専門店でサンプリングを行ったところ品質や味で高い評価を得られたため、導入を決定。アンデス山脈の雪解け水を使って栽培されることから「アンデスマンゴー」(品種はアップルマンゴー)と名付けられた。同社は、味に加えトレーサビリティや工場の衛生管理など付加価値の高いマンゴーとしてサンプリングを開始。生果解禁後は大々的に扱う考え。マンゴーの需要が高まりを見せる中、新たな産地としてペルーが名乗りをあげた形だ。

キノス
http://www.kinos.co.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22736

クリスタルガラスを張り付けたキラキラのデコシャープペンを発売

08.3.11

 アセンブリ、PC周辺機器事業などを行うアクテブライズ(群馬県高崎市)は、シャープペンシルにオーストリアの世界的ガラスメーカー、スワロフスキーのクリスタルガラスを張り付けた「デコシャープペン」の販売を同社の通販サイト「decokichi.com」で開始した、と3月11日発表した。小さなクリスタルガラスでシャープペンを覆い、キラキラと光り輝く可愛さとセレブを感じさせるという。ゴールド、ブルー、レッドなど各色2980円。携帯電話をガラスで飾る「デコ電」が女性の間でブームになり、その後デジタルオーディオプレーヤーや携帯型ゲーム機などにも拡大していった。今度は文房具にまで発展した格好だ。

アクテブライズ
http://www.actbrise.com/
decokichi.com
http://www.decokichi.com/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22704

全国のご当地アイスクリームお取り寄せサイトが少量お試しセット発売

08.3.10

 全国各地のご当地アイスクリームを販売するネットショップ「オーダーアイス・ドットコム」を運営するオーダーアイス(東京都千代田区)は3月10日、生産者が異なるアイスクリーム少量をセットにした「アイスお試し6個セット」を同ネットショップで発売した、と発表した。通常は12個セットからの販売だが、最初に少しだけ試したい、との要望が寄せられたため6個で販売することにした。オリジナル、和素材、おまかせの3セットがあり、いずれも2604円。同サイトはアイスに絞って手に入りにくい地方の商品を提供するお取り寄せ型で、ネット通販の特性を活かしたビジネス。

オーダーアイス・ドットコム 
http://www.order-ice.com/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22656

ホワイトデーのお返しで男性の2割近くが本命にも「あげない」

08.3.7

 飲食店、エステ、ホテルなどの販売支援事業のROI(アールオーアイ)=東京都新宿区=は3月7日、「ホワイトデーのお返し実態調査」の結果を発表した。女性が本命チョコのお返しに欲しい物のトップはアクセサリーの27.4%で、次いで菓子の22.1%。3位は「ほしくない」13.1%だった。男性が本命チョコのお返しに選ぶ物の1位は菓子の24.4%、2位は「あげない」の18.2%、3位はアクセサリーの15.9%。女性がほしい物と男性があげる物の間にはややギャップがあった。「ほしくない」「あげない」が上位に入っていることも特徴で、ホワイトデーはバレンタインデーほど重視されていないことの現われともいえる。

 調査は同社が運営する覆面モニターポータルサイト「Fancrew(ファンくる)」の登録ユーザーを対象に2月下旬から3月初めにかけてネットで実施。男性352人、女性904人の計1256人が答えた。本命に対するお返しを世代別に見ると、男性25~34歳の世代の88.1%は「何らかお返しをする」と回答。金銭的に余裕があるためか、比率が他の世代より10ポイント以上高い傾向にあった。女性では18~24歳の若い世代のうち40%が本命のお返しにアクセサリーを希望していた。義理チョコでは、男女ともお返し1位は菓子で60%以上。以下「あげない・ほしくない」「小物」と続く。

ROI
http://www.j-roi.com/
Fancrew
http://www.fancrew.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22604

生活に天気を役立てる天気の専門家を認定する天気検定の1級を初実施

08.3.6

 天気に関わる知識の普及と気象業界活性化を目的とした天気検定協会(事務局・大阪市北区、理事長・廣田勇・元日本気象学会理事長、NPO法人設立申請中)は3月6日、気象の日の6月1日に、天気予報や天候を生活に役立てる力を認定する「天気検定」の検定試験を実施する、と発表した。昨年12月に実施した第1回に続き2回目。今回初めて1級の検定を行う。この検定は、天気予報を出すための国家資格、気象予報士とは違い、生活や仕事に天気を活用できる「天気の専門家」を認定。生活と天気を結ぶ専門家を認定する日本唯一の検定という。4級検定はサイトで無料で随時行うことができる。世はまさに検定ブーム。

天気検定協会
http://tenkikentei.com/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22554

日本の旅行情報サイト英語版を中国簡体、繁体字、韓国語版でも展開

08.3.6

 日本国内の旅行情報や日本での生活情報を掲載している外国人向けサイト「ジャパンガイド」英語版を運営するエクスポート・ジャパン(東京都中央区)は3月6日、新たに中国語簡体字版(中国)、中国語繁体字版(香港、台湾)、韓国語版のジャパンガイドを開設した、と発表した。これで日本への外国人観光客の利用言語の9割をカバーできるという。アジアからの訪日外国人が増加していることから、英語だけでなくアジア各国のユーザー向けに各母国語で情報提供することにした。

 英語版をベースに、1言語約400ページのコンテンツでスタート。欧米向けの英語をそのまま訳すのではなく、各国の文化背景に合わせて翻訳した。今後はさらにコンテンツのローカライズを進める計画。日本国内の消費が低迷する中、観光、流通業界を中心にアジアからの訪日客を対象にしたビジネスが拡大している。ジャパンガイドのアジア多言語化はこうした背景に合わせた展開と言えそう。

ジャパンガイド英語版情報
http://www.export-japan.co.jp/jg/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22561

山口にある三国志の博物館「三国志城」がオープン10周年記念イベント

08.3.5

 中国・三国時代をテーマにした日本初の常設博物館「三国志城」(山口県光市)は、開館10周年を記念したイベント「三顧会(さんこかい)」を3月23日に同館で開催する、と3月5日発表した。「三国時代の食」と題した講演会や参加型イベント「三国志壁掛けお面づくり」を実施する。三顧は、三国の一角、蜀を建国した劉備が、参謀として諸葛亮を迎えるために3度足を運んだ、と描かれた中国の小説「三国志演義」に由来。

 三国志城は1998年に設立した個人所有の博物館。蜀の首都だった中国・成都にある三国志関連の施設、武侯祠に制作監修を依頼した展示品が並べられている。展示物は、諸葛亮関連を中心とした180点。三国志は、日本でもゲームや漫画などで幅広く紹介され、ファンも多いものの、三国志城の存在はさほど知られていないのが実情。三国志城の所在地が山口の山間部であることも要因だが、三国志城側は村おこしに貢献している、という。三国志城は今回、記念イベントをPRすることで三国志城そのものを広くアピールする考えだ。

三国志城
http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22515

公衆無線LANの無料アクセスポイントから広告配信する新ビジネス

08.3.4

 ITコンサルティングのザイナス(福岡市早良区)は、無料で提供する公衆無線LANのアクセスポイントからユーザーの端末に自動的に動画、音声などの広告を配信するビジネスを始めた、と3月4日発表した。利用者が接続する際や接続後の一定時間ごとにFrashなどの動画を一定時間表示する方式と、アンケートなど質問に答えてもらうインタラクティブなコンテンツを配信する方式が可能という。接続認証用のウェブ画面を広告コンテンツ配信に利用する仕組み。アクセスポイントを提供する店舗などは、配信広告の閲覧数に応じた手数料を受け取るコースと、自店舗の広告を配信するコースが選択できる。近くアクセスポイントを募り、6月まで試験サービスを実施し、7月に本格サービスを開始する予定。

ザイナス
http://www.zins.jp/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22472

携帯電話につないで通話できるバブル時代のゴージャス受話器発売

08.3.3

 バラエティー商品開発・販売の東洋トレーディング(東京都板橋区)は、携帯電話に接続して受話器として通話ができるケータイ用アクセサリー「バブル時代のゴージャス電話」を3月中旬発売する、と3月3日発表した。昨年8月発売の「昭和のレトロ黒電話」に続くシリーズ第2弾。レトロ黒電話は懐かしい黒電話の受話器で、レトロ感覚が楽しめると同時に、手や耳に馴染む形の受話器のため長時間通話でも疲れない実用性があり、話題を呼んだ。

 今回実用性はそのままに、昭和の黒電話の受話器に続く商品として、バブル時代をほうふつとさせるキラキラ輝く黄金色の受話器を発売することにした。地味な携帯電話がゴージャス電話に早変わりしリッチな気持ちで通話ができる、という。ゴージャス電話は携帯電話だけでなく、付属の変換コネクターでパソコンに接続することでスカイプなど音声チャットでの利用も可能。昭和の黒電話はレトロなジョークグッズとして人気となったが、バブルな受話器はレトロというよりバブル期を知らない若い女性に受けそう。

東洋トレーディング
http://www.to-conne.co.jp/trd/
ニュースリリース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=22335

LinkIcon2008年4月のニュース記事

LinkIcon2008年2月のニュース記事

サイト内検索

協賛サイト