[ニュースセレクト]香川のパン会社が「おいしい低糖質パン」を発売、管理栄養士と開発

各種パン・和洋菓子製造販売の堤製パン(香川県観音寺市)は、糖質を制限した食事が必要な層に向けたパン「おいしい低糖質パン」=写真上=を発売した、と発表した。愛媛、香川、徳島、岡山、広島県にある同社の33店舗で取り扱う。病院の管理栄養士と共同で開発した。医療現場で先行販売して好評だったことから、一般に展開する。

おいしい低糖質パンは、パンの主原料となる小麦の糖質部分を大幅に減らし、小麦ふすま(小麦粒の表皮の部分=ブラン)や大豆粉などを加えた。これによって糖質を一般的なロールパンと比べて80%少ない1個(50g)あたり3.85gにした。食後の急激な血糖値上昇の抑制効果が期待されるといい、糖質制限していても安心できる。

病院では3個入り、9個入りを販売していたが、おいしいと評判だったため今回、一般販売用に1個を包装したパッケージで売り出すことにした。価格は160円(税別)。そのまま食べるほかに、トースターで軽く温めたり、好みの具を挟む食べ方=写真下=なども可能。健康維持やダイエットで糖質をカットする食事は広がりを見せている。

堤製パン

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る