[ニュースサマリー]組み立てられるドームハウス/大阪の寺が「デジタル御朱印」/日本初の「iRobotブランドブース」/乾燥対策は男性がのどあめ・女性はマスク/「土鍋付き電子レンジ」発売/マグカップとワイヤレス充電コースターのセット

自動車用品企画販売のTCL(名古屋市名東区)は、自ら組み立てられるプレハブ工法ハウス「EZDOME HOUSE(イージードームハウス)」=写真=を11月21日に発売する、と発表した。キャンプ、プライベートルーム、災害避難場所に利用できる。直径3.3m高さ2.6m。高密度ポリエチレンの材質で保温・断熱性に優れる。60万5000円(税込み)。
↑ニュースリリース

建立630年の浄土宗真如寺(大阪府泉南市)は、参詣者がスマートフォンでダウンロードできる「デジタル御朱印」サービスを始めた、と発表した。訪日外国人や、御朱印帳を持参していない人に無料提供する。本堂前に配置するQRコードを読み取ることで端末に取り込める。同寺には「君が代」の歌詞に歌われるさざれ石がある。
↑ニュースリリース

ロボット掃除機の米国アイロボットの日本法人、アイロボットジャパンは、日本初の「iRobotブランドブース」をビックカメラの2店舗に開設する、と発表した。大阪・なんば店に11月22日、名古屋・JRゲートタワー店に11月26日に開く。居住空間の一部を再現。ロボット掃除機の実用性を実感してもらい、製品の魅力を伝える。
↑ニュースリリース

カンロは、「のど飴(あめ)」に関する調査(10月29~31日、500人)の結果を発表した。日ごろ食べているか、では女性が「毎日」「週に数回」が計38.4%なのに対し、男性は26.8%にとどまった。乾燥対策(複数回答)では男性は「のど飴を食べる」が74.6%で最も多かったが、女性は「マスクを付ける」の85.4%が最多だった。
↑ニュースリリース

電気機器製造・販売の小泉成器(大阪市中央区)は、萬古焼の土鍋と、専用の解凍容器が付属する「土鍋付き電子レンジ」(KRD-182D/K)を11月に発売した、と発表した。土鍋や、電子レンジに適した専用の解凍容器を使用することで、操作が容易なシンプル機能でありながら、調理の幅を広げられる。「土鍋キー」も搭載する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

情報通信関連製品を展開するCIO(大阪府守口市)は、飲み物が保温できるセラミックマグカップと、急速ワイヤレス充電器としても利用可能なコースター型パッドを組み合わせたマグウオーマーのセット「CIO-MGW-QI10W」を発売した、と発表した。40~55℃を最大8時間維持。ほどよい温かさの飲み物がいつでも楽しめる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る