[ニュースセレクト]テレワーク向けカートデスク発売、使用しない時はコンパクトに収納

パソコン周辺機器のサンワサプライ(岡山市北区)は、テレワーク向けの収納型カートデスク「RAC-TW01」=写真=を発売した、と発表した。使用しない時はコンパクトに収納でき、限られたスペースが有効活用できる。パーティションのようになってプライバシーが守られるため、シェアオフィスやサテライトオフィスにも適している。

テレワークは、情報通信機器を活用して時間や場所の制約なく働く形態。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅で勤務するテレワークに切り替える大手企業が増えている。RAC-TW01は、必要な際に開いてデスクになる収納型のカートデスク。キャスターと取っ手が付き、使用場所と収納場所が離れていても行き来できる。

前扉はデスクの天板の支えになるほか、パーティションのように左右の視線を遮断する。下の棚は2段で高さが変更でき、A4ファイルが入れられる。小物が置ける中棚も備える。天板とバックパネルには隙間があり、ケーブルを通して背面のケーブル穴から配線することも可能。扉を閉じて鍵がかけられる。23万8000円(税別)。

サンワサプライ

RAC-TW01

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る