[ニュースセレクト]「LOGOS」で電気式カイロとライトの機能を持つアウトドアアイテム

アウトドア用品企画・製造・販売のロゴスコーポレーション(大阪市住之江区)は、アウトドアブランド「LOGOS」で、電気式カイロとライトの2つの機能を持つアイテム「野電 あったかパッド(USB蓄電)」=写真(左は発光時)=を発売した、と発表した。キャンプなど冬のアウトドアに加え、スポーツ観戦やオフィス、自宅での普段使いにも適している。

平らでコンパクトな形状となり、膝の上に置いて利用できる。かばんに入れやすく持ち運びが容易のため、使用場所を選ばない。蓄電式で乾電池が不要。USBケーブルでつないでパソコンなどから蓄電する。蓄電時間は約5時間半。USBの出力ポートを装備し、スマートフォンを充電することも可能。4800mAhの蓄電池容量がある。

幅24cm、奥行き14cm、厚さ3.7cm、重さ410g。スイッチを入れると温かくなりカイロとして使える。発熱温度は最大約45℃、発熱時間は約4時間半。モードを切り替えるとライトになり、本体の半面が発光する。点灯時間は約25時間。革製の持ち手が付く。5900円(税別)。直営店やスポーツチェーン店、ホームセンターで販売する。

ロゴスコーポレーション

野電 あったかパッド

[分野別]トラベルグッズ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る