[ニュースセレクト]糖質制限用に白米の代わりになる主食代替品「大豆米(調理用)」を発売

冷凍食品製造・販売の小樽ダイニング(北海道小樽市)は、白米の代わりにさまざまな料理に利用できる主食代替品「大豆米(調理用)」=写真上=の販売を始めた、と発表した。低糖質食材の大豆を主原料にすることで糖質の大幅なカットを可能にした。コメに近い形、食感、味を追究したという。糖質制限食が手軽に調理できるようになる。

健康維持やダイエットを目的に糖質を抑えた食事が広がっていることに対応した。同社が独自開発した大豆米の調理用商品となり、ゆでて利用する=写真下左。味は付いていない。白米を置き換えて丼物、カレーライスに使ったり、炒めてチャーハンにしたり=写真下右=するなど糖質を制限した食事の幅を広げられる。レトルトのカレーも同時発売する。

調理前の1人用目安50gで糖質量を6.6gに抑えている。ゆでると膨らむため、総菜と食べると十分なボリュームになるという。内容量500g(冷凍)で1470円(税込み)。必要な分だけ取り出して分量を調整できる。同社のECサイト「糖質制限おたるダイニング」で扱う。同社は寿司やチャーハンなど調理済み大豆米商品を販売してきた。

小樽ダイニング

糖質制限おたるダイニング

大豆米(調理用)紹介・販売ページ

★[分野別]糖質カット(糖質オフ・糖質制限)記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る