[ニュースセレクト]スーツに見える作業着「ワークウェアスーツが初の常設店販売を原宿で開始

世界初というスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」=写真=の製造・販売を展開するオアシススタイルウェアは、ワークウェアスーツで初めとなる期間限定ではない常設での販売を6月7日に始めた、と発表した。東京・原宿のファッションショップ「ABAHOUSE(アバハウス)原宿店」が取り扱い、2ライン計23型を展開する。

ワークウェアスーツは、現場で作業がしやすいストレッチ性、防水・速乾・はっ水、多収納、水洗い可、形状記憶といった機能と、フォーマルな要素を兼ね備えたスーツ型作業着で、水道工事を行うグループのノウハウを生かした。2018年3月末の発売後、売り上げ目標を大きく上回り、これまで200社を超える企業が導入した。

オンラインや店舗での期間限定で展開し、BAHOUSE(アバハウス)原宿店では3月に販売。当初目標の4倍の売り上げがあったことから今回、常設販売が決まった。店舗では、メンズとレディース向け「WWS/ワークウェアスーツ」と、デザイナーズモデル「YZO by WORK WEAR SUIT/ワイゾーバイワークウェアスーツ」を取り扱う。

ワークウェアスーツ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る