[ニュースセレクト]通販のベルーナ・吉野家・RIZAPが「低糖質牛すき」を共同企画・開発

通信販売事業のベルーナは、牛丼チェーンの吉野家、パーソナルトレーニングジム運営のRIZAP(ライザップ)と共同企画・開発した商品「RIZAP管理栄養士監修 吉野家 低糖質牛すき」=写真=をグルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」で6月13日から販売する、と発表した。吉野家の従来の牛すきと比べて糖質を50%抑えている。

低糖質牛すきは、吉野家の店舗で5月9日から展開している「ライザップ牛サラダ」に次ぐ吉野家とRIZAPのコラボ商品の第2弾となる。吉野家がこだわる北米産の牛肉と、食感がよい玉ねぎを使い、牛丼のタレで下味を付けた。糖質を減らしても味の満足感が得られるように配合を工夫しただしきかせた特別な割り下で仕上げた。

卵でとじるとたんぱく質の摂取量が増え、野菜や低糖質の麺ととともに食べると満腹感が得られるという。低糖質食品がブームになる一方、おいしいものが少ない、という声に対応し、低糖質でもおいしく手軽に健康的に、のコンセプトで開発した。165g、498円(税別)。炭水化物は11.2gで、うち糖質は9.4g、食物繊維1.8gとなる。

ベルーナ

吉野家

RIZAP

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る