[ニュースセレクト]公道が走行可能な3輪電動キックボード開発、原付扱いで登録が可能

電動モビリティー事業や飲食店運営を手掛けるクリエイティブジャパン(東京都渋谷区)は、公道が走行可能な3輪電動キックボード「Free Mile kick scooter(フリーマイル キックスクーター)」=写真=を開発した、と発表した。10月に正式発売する。原動機付自転車(原付)扱いでナンバー登録できる。活用する企業を募集する。

フリーマイルは全幅30cmのコンパクトな電動キックボード。前輪に1つのタイヤ、後輪に2つのタイヤと2つのサスペンションがある3輪タイプのため、通常の2輪の電動キックボートと比較して安定感があり、転倒の心配がない。アクセルのレバーと、自転車と同じブレーキで操作する仕組みで、誰でも簡単に運転できるという。

「乗るおさんぽ」のキャッチフレーズを掲げる。浮遊するような乗り心地があり、時速20kmのスピード感で景色を見渡す余裕がある、としている。原付としてナンバー登録することで自賠責保険や任意保険にも加入でき、万一の事故に備えられる。冬に新機種で一般販売を計画し、その前にBtoB(企業間取引)で認知度を高める。

Free Mile kick scooter

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る