[ニュースセレクト]アサヒビールがパルプが主原料の素材を利用したビール用カップ開発

アサヒビールは、パルプを主原料にする素材「高濃度セルロースファイバー成形材料」を利用したビール用カップ「森のタンブラー」=写真=をパナソニックと共同開発した、と発表した。紙製品として廃棄可能なため、プラスチックごみが低減できる。屋外のイベントや店頭での持ち帰り用を想定する。8月9日からテスト展開する。

高濃度セルロースファイバー成形材料は、微細化したパルプ成分を55%以上含む樹脂で、パナソニックが開発。独自の金型・樹脂成形技術で独特の風合いと強度を実現した。同材料のビール用カップは世界初という。パルプは間伐材などの木材から精製する。成形時の温度条件によって色目が変わり、6種類から選択できる。

森のタンブラーは、カップ表面に細かな凹凸を施すことでビール類の持続性のあるきめ細かな泡をつくり出す。画像や文字が自由にデザインでき、ノベルティや記念品に活用が可能。記念に持ち帰ることができるカップとしてビール列車、サッカーの試合、ビールイベントで使用し、プラスチックごみの削減効果を検証する。

アサヒビール

パナソニック

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る