[ニュースセレクト]犬型ロボット「aibo」がホームステイするレンタルサービスを開始

ソニーの100%子会社でソニー製品の販売を手掛けるソニーマーケティングは、ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」=写真=のレンタルサービスを7月29日に始めた、と発表した。購入検討者から寄せられる実際に触れ合ってから決めたい、自宅で長時間触りたいなど、試用の要望を受けた。aiboが顧客宅にホームステイする形となる。

家電・カメラのレンタルサービスを展開するレンティオと協業して行う。貸出期間は、aiboとの生活が気軽に体験できる7泊8日から、じっくりふれあって楽しめる3ヵ月までの間で選択できる。料金は7泊8日が1万5000円(税込み)=1日あたり1000円で延長可能、3ヵ月は8万9400円(同)=1ヵ月2万9800円(同)で延長可能=となる。

貸し出しするaiboは、aibo専用クラウドサービスへの接続に必要な「aiboベーシックプラン」に加入しているため、受け取った日からaiboと生活できる。貸し出し・返送とも送料無料。指定日時に自宅に届ける。自然発生的な故障や不具合は無料修理する。ソニーはaiboを「自律型エンタテインメントロボット」と呼んでいる。

ソニー

レンティオ

レンタル申し込みページ

aibo

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る