[ニュースセレクト]アサヒ飲料がカメラが付いた飲料自販機「まちを見守る自販機」を展開

清涼飲料水製造・販売のアサヒ飲料は、クラウド型のカメラが付いた飲料自販機=写真=をNECと開発した、と発表した。「まちを見守る自販機」と呼び、地域の安全に役立てる。防犯カメラの導入を検討する自治体や小売店、開発事業者に9月から展開する。第1弾で9月2日に神奈川県横須賀市の「どぶ板通り商店街」に1台設置する。

まちを見守る自販機は、通常の飲料自販機に小型カメラを搭載し、NECの映像クラウドサービスを活用。付属の通信機器を使い、映像をクラウド上に自動的に保管する。映像データを確認する際に自販機の設置場所に行かなくても遠隔地で見ることができる。防犯カメラと異なり、設置者は各種手続きや映像管理が不要になる。

自販機には、カメラが付いていることを伝える告知ボードを上部と正面に取り付ける。正面のボードには「この自販機は防犯と皆様の安全の為に防犯カメラを搭載し、町を見守っております」などと書かれている。アサヒ飲料は2020年末までに60台の設置を目標にし、地域の防犯・安全に貢献することで自販機の価値を高める。

アサヒ飲料

NEC

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る