[ニュースセレクト]処方箋なしで医療用医薬品が購入できる「セルフケア薬局」を全国展開

処方箋がなくても医療用医薬品が購入できる“零売”薬局を運営するSD Cは、1号店の「セルフケア薬局池袋店」(東京都豊島区東池袋)に続く2号店「セルフケア薬局雷門店」(東京都台東区雷門)=写真=を8月31日に開店する、と発表した。今後、日本で初めてという零売薬局チェーンの展開を「セルフケア薬局」の名で推進する。

零売薬局は、病院で使われる医療用医薬品約1万5000種のうち約7300種を、薬剤師のカウンセリングで販売する薬局。市販薬がある医療用医薬品の処方が増え、健康保険組合連合会が、医療機関で処方される市販薬と同成分の花粉症治療薬を保険の適用から外すべき、とする提言をまとめるなど社会的ニーズが高まっている。

零売は制度として存在していたが、管理が煩雑なうえ副作用発生時の責任の所在の問題から、一般的な薬局では実施されていなかった。SD Cは実証実験を2016年に始め、管理のシステム化、薬剤師の教育、業務手順の徹底、マニュアル構築を進め、保健所と協議して解決した。これまでの利用者は延べ8000人を超えるという。

セルフケア薬局では、痛み止め、抗アレルギー剤、胃腸薬、風邪薬(医療用)、漢方薬、医療用ビタミン剤、医療用軟こう、一般用医薬品を扱う。高血圧、糖尿病などの薬や抗生物質、精神安定剤、抗がん剤、医療用麻酔は販売できない。今回の雷門店の開店を機に、東京都内で3年以内に100店舗以上を目指し、全国に広げる。

SD C

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る