[ニュースセレクト]ファミマが「d」「楽天スーパー」「T」の各ポイントサービスに対応

ファミリーマートは、3種類のポイントサービスが使用できるマルチポイントサービスを11月26日に始める、と発表した。NTTドコモの「dポイント」、楽天グループの「楽天スーパーポイント」、Tポイント・ジャパンの「Tポイント」に対応する。ファミリーマート店舗でたまって使えるようになる。会計の時に1種類を選ぶ。

ファミリーマート店舗で支払う際、dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントの中から好みのポイントカードやアプリを提示すると、200円(税込み)ごとに1ポイントがたまる。ためたポイントの使用も店舗で可能。各ポイントサービスは、ファミリーマートのスマートフォン決済サービス「ファミペイ」と連携させられる。

ファミペイとの連携によって支払い時にファミペイのバーコードを提示するだけで、会計とポイントをためることが同時に可能。ファミペイとポイントカードの2回のスキャンが1回ですみ、レジ接客時間が減少して待ち時間が短縮する。ファミペイのアプリでdポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントのどれかを登録する。

ファミリーマート

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る