[ニュースセレクト]アイリスオーヤマがAIカメラ事業に新規参入、38機種のシリーズ発売

生活用品企画・製造・販売のアイリスオーヤマ(仙台市青葉区)は、AI(人工知能)カメラ事業に新規参入する、と発表した。ネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載したモデル=写真=を含む38機種のシリーズを4月20日に発売する。少ない人員で防犯やマーケティング分析が可能になる。ニーズに応じたソリューションを提案する。

AIアルゴリズム搭載モデルは、防犯対策に加えてマスクの着用認証や工事作業所などでのヘルメット着用などが認識でき、顔認証はマスク着用時でも可能。レジの混雑状況や顧客の滞在場所・時間の可視化、車両番号や車体の認識、不審な動きや過去の犯罪者をブラックリスト化して注意を呼び掛ける機能などを搭載している。

0.2秒で顔を認証し、性別、年齢、身長などの属性で即時に分類してカウント。認識項目は15種類まで設定できる。警備の配置や、来場者の傾向に合わせたマーケティング資料に活用が可能。カメラ本体にAIアルゴリズムを内蔵し、必要なデータだけ送信するためデータ量は従来の100分の1以下に抑えられ、回線の負担が減る。

アイリスオーヤマ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る