[ニュースセレクト]カシオが耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」で心拍計機能とGPS搭載型を発売

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、心拍計機能とGPS(衛星利用測位システム)を搭載する腕時計「GBD-H1000」=写真=を4月24日に発売する、と発表した。耐衝撃構造、20気圧防水といったG-SHOCKの基本機能を備えながら、各種センサーで日ごろの健康がチェックでき、トレーニングに適したモデルとなる。

本体裏面に血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する光学式センサーを搭載。体の動きを感知して歩数や移動距離を計測する加速度センサー、高度・気圧・方位・温度を計測するセンサーと、位置情報を取得するGPSを備え、専用アプリと連携して各種センサーのデータを解析し、心肺能力の指標を時計に表示する。

アプリでは消費カロリーや移動軌跡の履歴が管理できる。「Bluetooth」で接続するスマートフォンの着信やメール・SNSの受信を通知し、運動中でも確認が容易。電源は、心拍計やGPSなどのトレーニング機能はUSB充電だが、時計としての日常の利用はソーラー充電ですむ。4色を展開。希望小売価格は5万5000円(税込み)。

カシオ計算機

GBD-H1000

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る