[ニュースセレクト]飛沫感染を防ぐ簡易パーテーションを発売、コンパクトに収納可能

販売促進プロモーションの企画立案やツール設計を行うリンクス(岐阜県関市)は、新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐ簡易パーテーション「飛沫飛散ガード」=写真上=を開発し、販売を始めた、と発表した。学校、オフィス、店舗などで幅広く利用できる。使用しない時は折り畳んでコンパクトに収納可能なことが特長となる。

同社がこれまで展開してきた化粧品ディスプレーや店頭POPのノウハウを生かし、透明樹脂と紙で制作してコストを抑えた。使う際だけ開いてすぐに設置が可能。学校の授業や給食中の飛沫を防ぐことを想定して作り、既に岐阜県内の小・中学校に採用された=写真下。学校だけでなく、店舗での接客などさまざまなシーンで活用できる。

設置時の最大サイズは高さ375mm、幅520mm。1セット50枚入り1万5000円(税・送料別)で1枚当たり300円となる。自社のECサイトで販売する。オンデマンドの受注生産のため、小ロットで短期間の納品が可能。高さ、幅をこのサイズより大きくしたり小さくすることもでき、設置環境や用途に応じたオーダーメードに対応する。

リンクス

商品販売ページ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る