[ニュースセレクト]小物用品向けペンタイプの汚れ落とし発売、文具メーカーがコラボ

アルバム・事務機器のナカバヤシは、オフィスやデスク回りの小物用品に付着した粘着剤の残りやインキ、手あかなどを簡単に落とせるペンタイプの汚れ落とし「SEED Radarヨゴレ&インキ落とし」を6月下旬に発売する、と発表した。文具メーカー2社とのコラボレーションで実現した製品となり、ナカバヤシが販売する。

「マジックインキ」の寺西化学工業(大阪市旭区)、消しゴムメーカーのシード(大阪市都島区)、ナカバヤシのそれぞれが強みにする「書く・消す」をテーマにしたコラボ製品。気になる部分に塗ってティッシュや布で拭き取ると、汚れが落とせる。中芯式のためキャップを外してすぐ使え、幅広いペン先で効率的に塗れる。

大型タイプと極太タイプを用意した。大型タイプは直径27mm、長さ85mm、重さ42gで500円(税別)。極太タイプは直径28mm、長さ165mm、重さ61gで1000円(銅)。製品名になっているSEED Radarはシードの消しゴムのブランド名。製造は寺西化学工業が手掛ける。3社は今後も技術やブランドを活用したコラボ製品を展開していく。

ナカバヤシ

寺西化学工業

シード

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る