[ニュースセレクト]メガネやサングラスに取り付ける「めがね装着型マウスシールド」発売

ベビーカーや電動車いすを製造・販売するキュリオ(岐阜市)は、メガネやサングラスに取り付けて使う「めがね装着型マウスシールド」=写真上(使用例)=の販売を7月3日に始めた、と発表した。口や鼻に直接触れることなく、飛沫(ひまつ)の拡散が防止できる。屋外作業やスポーツの際、マスクの暑さや息苦しさが気になる夏にマスク代わりになる。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて同社はフェースシールドを展開。顧客から顔全体を覆うと接客時に相手に圧迫感を与える▽視界の確保が困難で危険▽声がくもって案内に支障がある--などの声が寄せられたため、めがね装着型マウスシールドを開発した。メガネやサングラスのツルに差し込むだけで簡単に使用できる。

5カ所の調整スリットがあり、位置の調整が可能=写真下。消毒・洗浄して再利用できる。素材はポリプロピレン樹脂。大きさは平らにした状態で幅350mm、高さ133mm。重さは6.5g。簡易な構造のため、フェースシールドと比較してコストを大幅に削減した。10枚で2200円(税込み)。同社のサイトで販売する。1000枚以上の注文は別途相談。

キュリオ

商品紹介・販売ページ

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る