[ニュースセレクト]LIXILが玄関ドアの後付け自動化システムを発売、タッチレスで開閉

LIXILは、自宅の開き戸式の玄関ドアを後付けで簡単に自動ドアに生まれ変わらせる電動オープナーシステム「DOAC(ドアック)」=写真上=を9月1日に発売する、と発表した。8月3日に先行受注を始める。新型コロナウイルスの感染防止対策で非接触が注目される中、タッチレスで開閉操作を実現。車いすの人の外出・帰宅も容易になる。

DOACは、玄関ドアに触れることなくリモコンで鍵の施錠・解錠、ドアの開閉が操作できる仕組み=写真下左・中。自動で施錠するオートロック機能もある。リモコンを持っていなくても、鍵を開けてドアを軽く動かすことで自動的に全開し、荷物が多い場合などでも楽に開けられる=写真下右。異常な接触を感知すると動作を停止する安全機能も備える。

新型コロナウイルスに感染しないように生活する「ニューノーマル(新しい日常)」に対応する商品開発の一環。高齢化社会の進展で増加する車いす利用者の課題も解決する。LIXIL製以外の玄関ドアにも取り付けられ、リフォーム工事は1日で完了する。電動ドアオープナーやリモコンなど1セットで20万8000円(税・工事費別)。

LIXIL

DOAC

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る