[ニュースセレクト]空き家を見回って異常をチェックしてオーナーに報告するサービス開始

データ・リスト販売・調査代行のナビット(東京都千代田区)は、空き家のオーナー向けサービス「空き家見廻り隊」=写真は=を10月18日に始めた、と発表した。オーナーに代わって遠方に所有する空き家を見回り、異常がないかチェックして写真撮影して報告する。オプションで簡単な掃除や草取りも行い、空き家の維持を支援する。

各地で空き家の放置が問題になる中、空き家は放置すると劣化が進み、人が住んでいないことが知られるといたずらの対象になりやすいため、空き家見廻り隊を展開する。空き家を持っているが遠くでどうなっているか心配▽相続したものの雑草が茂って近所に悪い▽放火されそうで不安--などオーナーの悩みを解決する。

同社に登録している全国5万8100人の「地域特派員」を活用。30、40代の主婦が空き時間を利用して現場に行って見回る。案件のヒアリング、地域特派員の任命、進ちょく管理、納品は同社が実施する。全国を対象エリアにする。東京23区は初期費用3800円、見回り・写真3カットが1回2500円(月1回か2回)。契約は3ヵ月から。

ナビット

空き家見廻り隊

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る