[ニュースセレクト]テレワークスペースが簡単にできる組み立て式パーテーションデスク

玩具・雑貨の企画・開発・製造を手掛けるジリリタ(東京都北区)は、テレワークに適した集中できるスペースが簡単にできるパーテーションデスク「SOiRO(ソイロ)」=写真上=の受注生産・販売を始めた、と発表した。畳んで保管し、組み立てて使用する仕組み。同社のオンラインショップで注文を受け付け、7月下旬から順次発送する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってテレワークが普及する中、家族がいる自宅では仕事をする場の確保が難しい場合も多いことから開発した。パーツと構造をシンプルにし、1分ほどで組み立てられるようにした。重さは約6kgと軽く、畳んだ際の厚さは約5cmで収納場所を取らない。素材は厚さ16mmのハニカム構造合紙板。

はっ水性の高いラミネート加工を施しているため、水に強く消毒も可能。ホワイトボード用水性マーカーを使った書き込みもできる。大きさは幅750mm、奥行き650mm、高さ1300mm。天板は幅668mm、奥行き550mm。天板の位置は変えられる。オフィスの飛まつ、ソーシャルディタンス対策にも有効という=写真下。2万9800円(税別、送料別)。

ジリリタ

製品紹介・販売ページ

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る