[ニュースサマリー]マスクの内側に装着する「3D立体快適マスクフレーム」/「ウルトラシリーズ」のキャラクターをイメージしたマスク/島村楽器が着用したまま管楽器が演奏できる立体マスク発売

樹脂製品の企画・製造・販売を行う石川樹脂工業(石川県加賀市)は、マスクの内側に装着する枠「3D立体快適マスクフレーム」=写真上=を発売した、と発表した。立体構造で口元の空間を広げて息苦しさを解消。呼吸や会話を容易にして快適な着け心地にする。ホワイトとブラックがある。3個入り481円(税込み)。「Amazon」で販売する。
↑ニュースリリース
商品説明・販売ページ(ホワイト)
商品説明・販売ページ(ブラック)

フィギュアメーカーのCCP(東京都足立区)は、特撮作品「ウルトラシリーズ」のキャラクターをイメージしたマスク「CCP ULTRA MASK(CUM)」を発売する、と発表した。「ウルトラQ」=写真下、「ウルトラマン」など5種類を展開する。予約受け付けを8月11日に始めた。発送は9月下旬。各1221円(税別)。同社のオンラインショップで扱う。
↑ニュースリリース

総合楽器店を全国で展開する島村楽器(東京都江戸川区)は、着用したまま管楽器が演奏できるマスク「シリカクリン/管楽器対応抗菌消臭立体マスク」を同社店舗と同社のオンラインストアスで8月18日に発売する、と発表した。シリカゲル製品の開発・製造を行うテクナード(岐阜県羽島市)とのコラボレーションで開発した。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る