セブン&アイ・ホールディングスは、糖質を抑えた焼菓子を「セブン‐イレブン」「イトーヨーカドー」「ヨークベニマル」などグループ店舗で10月20日から順次発売する、と発表した。プライベートブランド「セブンプレミアム」の商品。原材料に含まれる糖質の一部を置き換え、おいしさ維持しながら糖質を50%カットした。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅時間の増加による運動不足から、適正糖質の食生活「ロカボ」への関心が高まっていることが背景。「糖質50%オフのロカボドーナツ」「糖質50%オフのロカボワッフル」「糖質50%オフのロカボバターケーキ」=写真左から=を展開する。ワッフルは東日本、バターケーキは西日本のみでの販売となる。

ドーナツは10月20日から順次発売し、全国の店舗で取り扱う。生地に牛乳を練り込んだコクのあるミルクの味わいが楽しめる。価格は100円(税別)。東日本のワッフルと西日本のバターケーキは、どちらも11月17日から順次投入する。ワッフル、バターケーキとも、バターの味わいを保ったソフトな食感となる。価格は118円(同)。

セブン&アイ・ホールディングス

★[分野別]糖質カット(糖質オフ・糖質制限)記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る