[ニュースセレクト]カセットの音源をデジタル化するラジオ付きカセット変換プレーヤー

パソコン周辺機器のサンワサプライ(岡山市北区)は、カセットテープの音源をデジタル化するラジオ付きカセット変換プレーヤー「400-MEDI037」=写真=を発売した、と発表した。パソコンやソフトを使うことなく、カセットの音源をmicroSDカードに移せる。半永久的に音源が保存でき、パソコンやスマートフォンで再生が可能になる。

カセットが劣化して使えなくなる前に音源を残したい際に便利。大量のテープをmicroSDカードにまとめられる。操作は、本体でカセットを再生して録音を始める部分で「録音」ボタンを長押しし、止めたい所で「停止」ボタンを押すだけ。カセットしか使えない機器向けにmicroSDカードの音源をカセットに移すこともできる。

データの記録方式は「MP3」。本体のマイクからカセットやmicroSDカードに音声を吹き込んだり、音源を内蔵スピーカーで聴けたりできる。ラジオ番組のカセットへの録音も可能。ラジオはFM、AM。電源は単3乾電池2本か、ACコンセント。幅120mm、高さ92mm、奥行き45mm、重さ約230g。5436円(税別)。同社の通販サイトで展開する。

サンワサプライ

製品説明・販売ページ

★[分野別]家電記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る