[ニュースセレクト]スターバックスがコクヨと共同開発の2021年のスケジュール帳を販売

スターバックスコーヒージャパンは、コクヨと共同開発した2021年のスケジュール帳=写真上=を「スターバックス」の店舗と同社のオンラインストアで10月7日に発売する、と発表した。全国のスターバックス店舗から排出されるミルクパックをリサイクルして表紙に使用した。中紙にはコクヨのオリジナルの森林認証紙を採用している。

「2021スターバックス キャンパススケジュールブック」で、コクヨの定番ノート「Campus(キャンパス)」とのコラボレーションの第2弾。2019年8月に販売を始めた第1弾「スターバックス キャンパスノート」に続いて展開する。スケジュールブックの各月の扉ページにはコーヒー豆のパッケージデザインやストーリーを描いた=写真下左。

日本の曜日・祝日の表記に対応したマンスリーページとウイークリーページを備える。ウイークリーページの右ページには方眼のメモスペースがある=写真下右。中紙は滑らかな書き心地でインクの乾きが早く、にじみにくいという。2020年12月に始まり2021年12月まで。B6サイズでホワイトとピンクの2色を用意。どちらも2100円(税別)。

スターバックスコーヒー ジャパン

コクヨ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る