[ニュースセレクト]ハンディー型の終末糖化産物測定器発売、美容系サロンやスポーツ施設向け

医療機器・健康器具の輸入販売を行うセリスタは、小型ハンディータイプの終末糖化産物(AGEs)測定器「AGE Scanner(エージーイー・スキャナー)」=写真=を6月に発売する、と発表した。美容系サロン、スポーツ施設、健康関連ショップ向けで、スマートフォンやタブレットに専用アプリを入れ、Bluetoothで本体と接続して使う。

医療機関や臨床研究用には医療機器のAGEs測定器が導入されているが、今回、病気の診断や治療・治癒を目的にするのではなく、コンパクトな測定器として販路を広げる。AGEsは、ブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)などの単糖がタンパク質、脂質、核酸などのアミノ基と反応することで形成・蓄積される老化物質。

AGEsが蓄積すると糖尿病、心血管病、がん、骨粗しょう症、アルツハイマー病、更年期障害、歯周病、脂肪肝、腎障害、筋力の低下、老け顔などを招くことが臨床研究で報告され、世界的に注目されている。AGEsは年齢との相関性が高く、不可逆性が高い。AGEs測定を通して健康と美容を後押しするため、AGE Scannerを展開する。

AGE Scannerは前腕部を測定対象にし、12秒で結果が分かる。アプリは用途に応じて2種あり、測定結果の数値と実年齢と比べて何%高い(悪い)か低い(良い)か表す「my AGE now」と、測定結果を糖化年齢で示す「Skin AGE」。本体は幅約60mm、長さ170mm、高さ55mm、重さは約150g。単4電池2本で動作する。価格は32万円(税別)。

セリスタ

AGE Scanner

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る