[ニュースサマリー]ヴィーガン対応商品の先行試食/台湾のタピオカ店が日本進出/「LINE Pay」で粗大ごみ処理手数料/「スシロー」が次世代型店

こんにゃく食品製造・販売のヨコオデイリーフーズは、マグロ、サーモン、イクラを再現したさしみこんにゃく=写真=の来春発売を前に、同社が運営する体感施設「こんにゃくパーク」(群馬県甘楽町)で7月1~31日に先行試食・販売を行う、と発表した。新製品は、近年話題の絶対菜食主義者(ヴィーガン)対応商品として展開する。

↑ニュースリリース

台湾のタピオカ専門店「WHO’S TEA(フーズティ)」の日本1号店が千葉県成田市の大型商業施設「イオンモール成田」に6月28日開店する。日本で同店を運営するWHO’S TEA JAPANが発表した。WHO’S TEAは2011年に台湾・台中に1号店を開き、現在は台湾で40店、中国、米国などで19店を展開。台湾の生タピオカを飲み物に使う。

↑ニュースリリース

コミュニケーションアプリ「LINE」を展開するLINEは、子会社でモバイル決済サービス「LINE Pay」を運営するLINE Pay、福岡市拠点の子会社、LINE Fukuokaと、粗大ごみの処理手数料をLINE Payで支払う機能の実証実験を同市中央区で7月1日に始める、と発表した。収集の申し込みから手数料の支払いまでLINEで完結する。

↑ニュースリリース

すしレストラン「スシロー」を展開するあきんどスシローは、次世代型店舗を兵庫県伊丹市に6月26日開店する、と発表した。業界で初の画像認識による自動皿会計システムの導入など、最新技術やシステムを活用した。顧客の満足度向上と店舗オペレーションの省力化が目的。「スシロー伊丹荒牧店」をリニューアルした。

↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る