[ニュースサマリー]LED電球が空中に浮かぶ照明器具/南京町に日本初の生杏仁プリン専門店/Zoffが高速サービスエリアに初出店/ボーナスの使い道は旅行/タピオカミルクティーの次を狙う飲み物/糖質カット炊飯可能な調理器

ビジネスパーソン向けのガジェットを展開するGlotureは、LED電球を空中に浮かせた吊り下げ型フローティングライト=写真=を自社のECサイト「GLOTURE.JP」で発売した、と発表した。不思議な照明器具としてインテリアが演出ができる。机やベッドサイドテーブルなど向け。電磁石で空中に浮かび、ライトを消しても落下しない。

↑ニュースリリース

神戸市を中心に飲食店事業を行う神戸牛 吉祥グループ本社は、同市の中華街の南京町に日本初という生杏仁(アンニン)プリン専門店「神戸ミルク」を7月5日に開店する、と発表した。南京町のイメージアップに向けた新定番の土産を目指す。なめらかな食感と香りの高さが特長の新感覚のスイーツとして展開。380円(税別)。

↑ニュースリリース

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックは、中央自動車道の談合坂サービスエリア(下り)の商業施設に、Zoffのサングラス専門店を7月13~15日限定で開く、と発表した。高速道路サービスエリアへの出店はZoffで初。ライフスタイルやファッションに合わせたサングラスをドライバーや観光客に提案する。

↑ニュースリリース

イオンクレジットサービスは、20~50代の働く男女500人を対象にした「ボーナスと買い物に関する調査」の結果を発表した。約半数の48%がボーナスを使う予定があり、使い道(複数回答)は旅行が37.5%で最多。服(28.3%)、家電(27.9%)と続く。金額は5万円未満が36.4%と最も多く、次いで5万円以上10万円未満の28.3%。

↑ニュースリリース

タピオカミルクティーの人気を受け、次のブレークを目指した新たな飲み物が登場している。大豆加工品製造販売と飲食店経営のおとうふ工房いしかわは、豆腐を使った[TAPIOCA TAHO(タピオカ タホ)」を直営店舗で発売した、と発表した。レモネード専門店運営のレモネード・レモニカは、レモネードの流行を目指す。

↑おとうふ工房いしかわのニュースリリース
↑レモネード・レモニカのニュースリリース

ECサイト開発・提供のダイアモンドヘッドは、「ROOMMATE(ルームメイト)」のブランド名で展開する家電で、糖質を抑えた炊飯ができる調理器「ROOMMATE糖質カット炊飯・万能調理器アップルポットRM-82H」を発売した、と発表した。炊飯に加え、食材を入れてスイッチを押すだけで本格的な調理が可能な機能も備える。

↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る