[ニュースセレクト]新紙幣をデザインした「新札せんべい」と「福渋・萬円おかき」発売

おカネをモチーフにしたグッズを販売するときわ総合サービスは、2024年度上期をめどに発行される新しい紙幣をデザインした菓子「新札せんべい」=写真=と「福渋(福沢・渋沢)・萬円おかき」を発売した、と発表した。自社の通販サイトで展開する。新札発行まで5年あり、それまでの準備を見守れるように企画したという。

新札は、1万円券に日本資本主義の父とされる渋沢栄一、5000円券に女子高等教育の確立に尽くした津田梅子、1000円券に近代日本医学の父といわれる北里柴三郎がデザインされる。新札せんべいはこの3種類の図柄をあしらった。「瓦(かわら)せんべい」で知られる神戸の老舗焼き菓子店、亀の井 亀井堂本家が製造する。

新札せんべいはこの3種類が1枚ずつ入って700円(税別)。箱の大きさは縦19.1cm、横19.6cm、厚さ3.5cmとなる。「福渋・萬円おかき」は、新1万円の渋沢栄一と、現行1万円の福沢諭吉の柄が各5枚入った国内産もち米100%のサラダ味のおかき。箱サイズは縦23.5㎝、横13.0㎝、厚さ6.0㎝。あられメーカーが作る。920円(同)。

ときわ総合サービス

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る