[ニュースセレクト]ラベルなしの「サントリー天然水スパークリングレモン」と「伊右衛門」

清涼飲料事業のサントリー食品インターナショナルは、フィルムラベルを省いたPETボトル商品の炭酸飲料「サントリー天然水スパークリングレモン ラベルレス」=写真左=と緑茶飲料「伊右衛門 ラベルレス」=写真中=を「Amazon」「アスクル」をはじめとしたネット通販ルートで11月3日に発売する、と発表した。24本入りケース=写真右=のみの販売。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、飲料製品をネット通販でケース単位で購入する層が増加。家庭で楽しむ機会が増える中「PETボトルを処分する時に商品のラベルやシールをはがすのが面倒」という声があったことから、ラベルを完全になくすことにした。商品に関する必要な情報は、キャップと段ボールに記載する。

緑茶の伊右衛門では、2020年4月に通常のフィルムラベルを外した「伊右衛門ラベルレス(首掛式ラベル付)」を発売。好評だったことが、今回のラベルレス投入につながった。伊右衛門 ラベルレスは、容量525mL入り24本で3360円(税別)。サントリー天然水スパークリングレモン ラベルレスは、同500mL入り24本で2400円(同)。

サントリー食品インターナショナル

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る