[ニュースセレクト]JR東日本駅の飲料自販機で日本初のサブスクリプションサービス開始

JR東日本グループで飲料事業のJR東日本ウォータービジネスは、飲料自販機でサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を10月1日に始める、と発表した。日本で初めての試みという。JR東日本地区の駅に約400台設置している最新型の自販機=写真=で展開。9月2~16日に抽選でサービス利用者を募集する。

JR東日本ウォータービジネスは「acure(アキュア)」のブランドで独自商品や飲料メーカーの枠を超えた製品を販売している。every passは、スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信するQRコードを自販機にかざすと商品が1日1本受け取れる仕組み。「アキュアメイドプラン」と「プレミアムプラン」がある。

アキュアメイドプランは月額980円でオリジナル商品ブランド「アキュアメイド」が、同2480円のプレミアムプランはアキュアメイドに加えて他の飲料メーカーを含む自販機で扱う全商品が対象。150円の商品を30日間受け取れば計4500円かかるため、それより有利になる。サービスが利用できるのは応募して当選した500人。

JR東日本ウォータービジネス

every pass(応募ページ)

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る