[ニュースセレクト]テレビ会議システムの導入キャンペーン、初期費用なし月額9800円

テレビ会議システムを展開するギンガシステム(東京都渋谷区)は、同社の同システム「LoopGate(ループゲイト)」=写真=の導入キャンペーンを始めた、と発表した。初期費用なし、1拠点あたり月額費用9800円(税別)で提供する。新型コロナウイルスの感染拡大で出張の自粛や在宅勤務の動きが広がっていることから、利用を容易にした。

テレビ会議システムは画像・音声の品質や使い勝手が評価される一方、初期コストが必要なため採用に踏み切れない企業があったという。月額費用には機器のリース料と月額基本料を含み、機器はループゲイト本体、固定タイプのカメラ、8人まで利用可能なスピーカーマイクとなる。リース契約はリース会社の審査が必要。

映像は1秒あたり30コマのフルHDで滑らかに描写。音声も音楽CDと同等の音質を確保している。出張を禁止して拠点間の会議や打ち合わせに使用したり、常時接続して拠点間で円滑にコミュニケーションしたりできる。オフィスのループゲイトとパソコン・タブレット用システムを接続することで在宅勤務者との会議も可能。

ギンガシステム

LoopGate

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る