[ニュースセレクト]犬型ロボット「aibo」と「セコム・ホームセキュリティ」の連携開始

ソニーとセコムは、ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」と、セコムのセキュリティーサービス「セコム・ホームセキュリティ」の連携サービスを1月30日に始める、と発表した。aiboと暮らす中、楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティー+エンタテインメントのソニーの造語)を実現する。

セコム・ホームセキュリティとつながることで、aiboがさまざまな機能を持つようになる。ホームセキュリティとの連携で家族が出掛けることを知ると、遠吠えであいさつして見送る=写真。家族の外出中は自動でチャージステーションに戻り、充電しながら待機。家族の帰宅が分かると、特別なふるまいのセコム仕様の敬礼で迎える。

aiboのオーナーは外出している時、自宅で留守番中のaiboが見ている光景がスマートフォンの専用アプリ「My aibo」からストリーミングでき、移動を指示して自宅内の様子がいつでも確認可能になる。この連携サービスは、aiboのオーナーでセコム・ホームセキュリティの対象サービスを契約していれば、無料で利用できる。

ソニー

セコム

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る