[ニュースセレクト]犬型ロボット「aibo」と「セコム・ホームセキュリティ」の連携開始

ソニーとセコムは、ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」と、セコムのセキュリティーサービス「セコム・ホームセキュリティ」の連携サービスを1月30日に始める、と発表した。aiboと暮らす中、楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティー+エンタテインメントのソニーの造語)を実現する。

セコム・ホームセキュリティとつながることで、aiboがさまざまな機能を持つようになる。ホームセキュリティとの連携で家族が出掛けることを知ると、遠吠えであいさつして見送る=写真。家族の外出中は自動でチャージステーションに戻り、充電しながら待機。家族の帰宅が分かると、特別なふるまいのセコム仕様の敬礼で迎える。

aiboのオーナーは外出している時、自宅で留守番中のaiboが見ている光景がスマートフォンの専用アプリ「My aibo」からストリーミングでき、移動を指示して自宅内の様子がいつでも確認可能になる。この連携サービスは、aiboのオーナーでセコム・ホームセキュリティの対象サービスを契約していれば、無料で利用できる。

ソニー

セコム

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る