[ニュースセレクト]伊豆大島の宿が「手ぶらで大島」プラン、浜松町で荷物を預けて出発

伊豆大島(東京都大島町)=写真右=で宿「島宿 金砂」を運営するBONITO(神奈川県鎌倉市)は、仕事帰りに東京・浜松町の竹芝からそのまま気軽に同島への旅に出られるパッケージプラン「手ぶらで大島」を11月1日に始める、と発表した。浜松町に荷物を預けられる場所を準備し、衣類、タオル、スマートフォン用充電器などを提供する。

都会で働く人たちに向け、島の自然やゆったりとした環境を手軽に楽しんでもらえるように企画した。築100年の平屋の古民家=写真左=に宿泊する。ボードゲームやテレビゲームなど複数人で遊べる設備を用意したほか、ハンモック、バーベキューセット、自転車を備える。スーパーや温泉施設にも徒歩圏内で、島での時間が満喫できる。

10人まで宿泊が可能。伊豆大島行きの大型船は夜出港するため、金曜夜に仕事先から仲間と浜松町に直行し、週末を島でのんびり過ごすことができる。船は最短1時間45分で到着する。渡航チケットと現地レンタカーは自ら手配する。都会とは全く異なるゆるやかな時間の流れに身を置くと、さまざまなことが考えられるという。

手ぶらで大島

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る