[ニュースセレクト]東京メトロが駅構内で個室型ワークスペースを提供、まず4駅に7台

東京地下鉄(東京メトロ)は、同社の駅構内で個室型ワークスペースの提供を2月20日に始める、と発表した。富士ゼロックスが東京メトロとの実証実験を経て開発した同スペース「CocoDesk(ココデスク)」=写真=を使い、両社で共同展開する。4駅に7台設置し、3月末までに10駅に増やす。スマートフォンで予約して利用する仕組み。

オフィス以外で仕事をするモバイルワークの需要に応える。駅構内という立地の良さと短時間使用が可能なことから、移動中の“スキマ時間”が有効活用できる。CocoDeskは机、椅子、電源、USBコンセント、液晶モニター、エアコン、Wi-Fi環境を備える。両社で実証実験を行って検証し、快適で利便性の高い施設に改良した。

内部は幅1.3m、奥行き1m、高さ2.1m。午前7時~午後10時に15分単位で利用でき、料金は15分250円(税別)。スマートフォンで開錠する。閉鎖空間のため、周囲を気にすることなく資料作成などが集中して可能になり、読書や学習にも使える。まず溜池山王駅3台、明治神宮前駅2台、池袋駅と六本木一丁目駅各1台で開始する。

東京メトロ

富士ゼロックス

CocoDesk

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る