[ニュースセレクト]本棚の本をスマートフォンで撮影すると買い取り額を示す新サービス

古本買取・販売のバリューブックス(長野県上田市)は、会員制古本買い取りサイト「VALUE BOOKS」で新サービス「本棚スキャン」=写真=を始めた、と発表した。自宅の本棚に並んでいる本をスマートフォンで撮影すると査定が完了し、買い取り額を表示。事前に価値が分かり、値段が付く本を選んで買い取りサービスが利用できる。

ユーザーに買い取り額を公開することで、公正な取引を実現する。バリューブックスは2018年に、本の裏表紙などに印刷されているバーコードの撮影や、ISBN(国際標準図書番号)、タイトル名から検索して本の価格が調べられるサービス「おためし査定」を導入している。今回、本棚の本を撮影するだけですむようにした。

本棚スキャンの精度はまだ完璧ではなく、漫画や雑誌のようにタイトルが変形されていると弱いという。今後、自社の約150万冊の在庫から表紙、裏表紙、背表紙の画像データを集めて認識精度を高める。さらに、本の価格を調べるだけでなく、バーチャル本棚として自宅の本の管理ツールに活用できるように発展させる考え。

VALUE BOOKS

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る