[ニュースセレクト]イオンが糖質を減らす「お米のかわりに食べる」で「6種の彩り野菜」

イオンは、米のご飯を野菜に置き換えることで糖質量を減らす食事スタイルを提案する冷凍食品「トップバリュお米のかわりに食べる」シリーズの新製品「6種の彩り野菜」=写真上=を12月11日に全国のグループ約3500店舗で発売する、と発表した。色鮮やかな6種の野菜を米のサイズに小さくカットした。栄養がバランスよく取れる。

健康維持やダイエットで糖質を制限(カット)する食事が広まる中、イオンはカリフラワーとブロッコリーを米のサイズに細かく刻んで冷凍した「お米のかわりに食べる」の「カリフラワー」=写真下中=と「ブロッコリー」=写真下右=を2018年11月に発売。さまざまなご飯料理に代用できるとして人気となり、約1ヵ月で半年の想定販売量を達成した。

今回それらに続いて6種の彩り野菜を投入する。カリフラワー、ズッキーニ、ニンジン、黄色ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウを使用した。栄養がバランスよく摂取できるほか、色鮮やかなクリスマスのアレンジメニューにも利用可能。シャキシャキとした歯ごたえがあり、食べる量を減らすことなく満足感が得られる。

内容量300gで248円(税別)。150gあたりの糖質量は米のご飯が53.7gなのに対し、お米のかわりに食べるシリーズは、6種の彩り野菜が2.6g、カリフラワー2.1g、ブロッコリー2.4%で、約20分の1に抑えられる。米の半分を6種の彩り野菜にして糖質量を減らすおにぎりや雑炊風スープなどをシリーズのウェブサイトで提案する。

イオン

トップバリュお米のかわりに食べる

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る