[ニュースセレクト]プラスが前後に走らせることで楽に削れる自動車型の鉛筆削りを発売

文具・事務用品大手のプラスは、自動車型の鉛筆削り「ハシレ!エンピツケズリ!」=写真上=を2月3日に発売する、と発表した。前後に走らせることで簡単に削ることができる。レバーを回す従来の鉛筆削りとは違って重く感じることなく楽に削れるうえ、削る行為そのものに車を走らせる面白さを取り入れ、仕事や勉強を楽しくする。

ハシレ!エンピツケズリ!は、鉛筆を差し込み、手で車を動かして削る仕組み=写真下。本体の上に手を置いてしっかりと力をかけて削れるように、上部を平らにしている。子供の手にフィットする形状と大きさで小さな子供でも軽く感じられる。前進だけでなくバックしても削れるギアを採用。前後に動かして素早く削ることができる。

削る際に鉛筆のトガリを検知。削り終わると「カチッカチッ」と音が鳴り、削り過ぎを防止する。交換式の刃を採用して長く使えるようにした。本体の大きさは長さ155mm、幅79mm、高さ62mm、重さは198g。レッド、ブルー、イエローの3色を用意した=写真下左から。メーカー希望小売価格は刃が2個付いて3000円(税別)。替え刃は320円(同)。

プラス

ハシレ!エンピツケズリ!

製品紹介・販売ページ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]忍者がモチーフのスカーフ一体型マスク、好みに応じてアレンジ可能

  2. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る