[ニュースセレクト]セイコークロックが暗くなると自動点灯する掛け時計、光色選択可能

セイコーホールディングス傘下で置き時計・掛け時計・目覚まし時計製造販売のセイコークロックは、室内が暗くなると自動的に文字盤のライトが点灯する掛け時計=写真=を2020年1月24日から販売する、と発表した。寝室など暗い中での時刻確認に役立つ。光色や照度は好みに応じて選べる。光色選択機能は同社で初めてとなる。

明るさセンサーによって、時計の周囲が一定の明るさを下回ると自動的にライトが点灯する。光の色は白くすっきりとした「クール系」と、温かい色で優しく点灯する「ウォーム系」から選択可能。照度は「強」「弱」切り替え式で、オフにもできる。枠は寝室に合う落ち着いた茶色の木目模様となり、光沢仕上げを施した。

品番は「KX260B」。枠はプラスチック、前面はガラス。直径330mm、厚さ46mm、重さ920g。電波修正式のクオーツムーブメントとなり、電波受信で時刻修正しない場合の時間制度は月差±30秒。光センサーで自動的に秒針を止める機能もある。単3形アルカリ乾電池を4本使用し、電池の寿命は約1年。希望小売価格8500円(税別)。

セイコークロック

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る