[ニュースセレクト]キユーピーが鼻の不快感軽減の機能性表示食品発売、初の花粉表示

キユーピーは、「酢酸菌GK-1」と「GABA」を配合した機能性表示食品のサプリメント「ディアレ」=写真=を1月24日に発売する、と発表した。1月9日から予約を受け付ける。酢酸菌GK-1は花粉、ほこり、ハウスダストによる鼻の不快感軽減が報告されている。機能性表示食品で初めて、鼻の不快感原因物質で花粉の表示が認められた。

酢酸菌は、アルコールから酢の成分となる酢酸を作る菌の総称。酢を作る際に欠かせない存在になっているが、酢の製造中にろ過されて除去される。キューピーは、酢酸菌には酢作り以外に大きな可能性があることを発見して商品化した。ディアレの販売と同時に、乳酸菌商品を扱う企業への酢酸菌原料の供給ビジネスも始める。

鼻の不快感には疲労やストレスが関与している可能性が高いため、ディアレにはGABAも配合した。GABAは一時的な精神的ストレスや疲労感を軽減する機能が報告されている。参考小売価格は7日分(14粒)1000円(税別)、30日分(60粒)3500円(同)。グループの通販サイト「キユーピーアヲハタネットショップ」を中心に展開する。

キユーピー

キユーピーアヲハタネットショップ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る