[ニュースセレクト]カインズが来店客の希望商品売り場まで案内するロボットを試験導入

ホームセンターチェーンのカインズ(埼玉県本庄市)は、来店客が希望する商品の売り場まで案内するロボット=写真=を試験的に導入する、と発表した。ホームセンター業界で初という。埼玉県朝霞市に11月3日開店する「カインズ朝霞店」に入れ、DIY(日曜大工)関連商品売り場やガーデニングコーナーで稼働させ、今後の展開を検討する。

売り場案内ロボットは、上部にタッチパネルを搭載。来店客がタッチパネルで必要とする商品のカテゴリーを検索し、表示される商品一覧から商品を選択すると、ロボットがその商品が並んでいる棚や通路の前まで案内する仕組み。探している商品の場所が分からないという来店客の煩わしさを解消し、購買体験向上につながる。

さらに、ロボットを通したリモート相談会も実施し、園芸の専門家が来店客の質問や相談に答える。朝霞店には、売り場経路案内サイネージ(電子看板)も4台設置。来店客が希望商品の名称やキーワードを入力すると売り場までの経路を表示し、広い店内で探す手間をなくす。朝霞店は施設全体で1万2831m2の売り場面積がある。

カインズ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る