[ニュースサマリー]明智光秀の日本刀型ペーパーナイフ/マスク専用アレル物質除去スプレー/弁当箱のバンドに付ける調味料容器/最も利用するキャッシュレスはクレジット/押印文字が飛び出して見える印鑑/植物生まれの新しい「カルピス」

はさみを中心にした刃物製造販売のニッケン刃物(岐阜県関市)は、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀をモデルにした日本刀型ペーパーナイフ(全長210mm)=写真左=と日本刀型携帯はさみ(同105mm)=写真右=を1月20日発売した、と発表した。希望小売価格は2250円、1600円(税別)。同県内の郵便局と、ネット通販などで扱う。
↑ニュースリリース

積水化学工業の子会社で包装資材や生活産業資材の積水マテリアルソリューションズは、マスク専用アレル物質除去スプレー「ナウケアRapidez(ラピデ)」を2月3日に発売する、と発表した。マスクの肌に接触しない面に噴霧すると、スギ花粉由来のアレル物質を1分で99%低減。効果は24時間続く。容量50mLで2300円(税別)。
↑ニュースリリース

生活雑貨メーカーのマーナ(東京都墨田区)は、弁当箱用のバンドに取り付けて調味料が持ち運べる小型容器「クリップディップカップ」を1月中旬に発売する、と発表した。本体のスリットをバンドに通す仕組み。シリコーンゴム製でしょうゆやドレッシングなどを入れられる。厚さ21mmの円形(53mm×48mm)。480円(税別)。
↑ニュースリリース

「VISAカード」のビザ・ワールドワイド・ジャパンは、「【第1弾】2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査」(12月13~22日、対象5万人)の結果を発表した。39.3%がキャッシュレスが増えたと回答。最も利用するのはクレジットカード52.0%、カード型電子マネー19.2%、QRコード決済18.2%の順。
↑ニュースリリース

各種印鑑販売の城山博文堂(大阪市此花区)は、押印すると文字が飛び出しているように見える印鑑「立体はんこ」を1月18日に発売した、と発表した。視覚効果で立体的に見えるようにしている。22種類の基本デザインを展開する。影が付いたシャドウタイプ13種類、文字に厚みを持たせたボックスタイプ9種類を用意した。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

アサヒグループホールディングス傘下で清涼飲料水のアサヒ飲料は、豆乳を原料にした植物生まれの新しい「カルピス」を4月7日に発売する、と発表した。「GREEN CALPIS」と呼び、容量300mLのPETボトルで展開する。乳成分を使うことなく、発酵といった自然製法で作った。コレステロールゼロでカロリーは1本あたり99kcal。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る