[暮らし=キャッシュレス生活コト始め](4)カードが届いたら口座に入金して使い始め!

「楽天銀行デビットカード」を申し込むと、1週間ほどでデビットカード機能付きのキャッシュカードが届きます。自分の場合は本人特定方法を「配達時に提示」を選択していたので、その場で免許証を提示して住所と本人確認してもらいました。あとは口座に入金すれば、入金額以内の金額をキャッシュレスで支払えるようになります。

「Tポイント」や「Tマネー」を愛用していた時は、レシートに現在のポイントと残高がプリントされて把握できたのですが、デビットカードはクレジットカード会社の機能なので、クレジットと同じように残高などはレシートに表示されません。残高をどう確認すればいいのか、というと、口座を申し込んだ楽天銀行のアプリで分かるのです。

届いたデビットカード機能付きのキャッシュカードと書類を用意してスマートフォン(スマホ)で「楽天銀行アプリ」を開きます。そして「ログインのお手続き」をタップ、口座とアプリをひも付けします。口座開設時と同じく、指示に従って必要事項を入力していくだけなので、簡単です。

届いた封書の中に仮ログインパスワードが記載されているので、それを入力し、本パスワードを決めて変更。アプリへのアクセス用パスワードも設定する

自分は以前、セブン-イレブンのアプリ「nanaco」を愛用し、入金はカードを登録してオンラインでサクッとしていたのですが、それ以外にもnanacoでは使用店舗のレジやATMで現金をチャージしていました。クレジットカードからチャージした時に気が大きくなってつい使い過ぎてしまったので、今回は現金を入金して使うデビットカードをあえて使うことにしたのです。

nanacoではあらかじめカードを登録してアプリからチャージできるが、登録と別パスワードなどが面倒

デビットカード機能付きのキャッシュカードへの現金での入金はコンビニ店舗のATMでも可能です。楽天銀行の前身は旧「イーバンク」で、もともと実店舗を持たないネット銀行です。そのぶん、無駄な経費を省いて金利や手数料の割引などに力を入れる訳ですが、超低金利時代の現在、飛び抜けてパフォーマンスがいいかといわれると、金額が大きくなればそれなりに、の程度です。庶民にはあまり関係ないかもしれません。

さて、ひも付けが済んだら、次回からはアプリを起動するとログイン画面が表示されるようになります。ここでパスワードを入力してログインすると現在の残高と、最近の利用履歴が表示されます。

クイックログインを設定すると、アプリの起動画面からパスワードを入力してすぐに残高と使用履歴が見られるようになる

履歴表示では入出金の明細を一覧でチェックできますが、各欄の右にあるファイルアイコンをタップすると、どこの店で使ったかもフル表示されます。

「入出金明細」はさらにさかのぼって見ることができる。ファイルマークをタップすると画像のように詳細がポップアップする

銀行のアプリなので、デビットカード関係のほかにも提供商品やサービス、金利情報などへのアクセスも簡単です。証券やFXの利用があれば、預金額も含めたポートフォリオの確認もできます。また、振り込みなども利用可能です。

楽天銀行では、デビットカード利用について特に手数料の発生はありませんが、入金時の金額に注意しないと手数料を取られます。3万円以上だと手数料が無料になります。なので、今後コンビニや飲食店などの対応店でのキャッシュレス還元を利用することを考え、月に一度、3万円以上、5、6万円程度入金しておけば、その後1万円や5000円の入金で手数料を払うこともないでしょう。

また、デビットカード利用ではない出金や振り込みを利用する場合、規定回数までは手数料が無料になりますが、この回数制限は口座への入金額でステージが決まり、ステージが上位であるほど無料回数が多くなる仕組みです。

アプリの中でステージなどについても確認できるので見ておこう

ちなみに、無料の「ハッピープログラム」にエントリーしておけば、ステージに応じて最大月7回まではATM手数料無料になるので、登録しておくことをお勧めします。

自分のステージと、その月の楽天スーパーポイントはすぐに分かる

ハッピープログラムでは給与・ボーナス・公的年金の受取を楽天銀行にしておくと、他行あての振込手数料も最大月3回まで無料になるので、家賃など毎月決まった振り込みがある人は、利用するといいでしょう。給与受け取りでもポイントがたまり、さらにステージランクも上がりやすくなると考えられます。もっとも、このあたりのサービスはどこの銀行でも実施しているので、無理に変える必要はありません。

ハッピープログラムは、毎月25日終了時点の「預かり資産残高」と対象サービスの利用などでステージが決まり、翌月1日から特典が適用される仕組みです。残高が50万円以上、または指定取引10件以上で「楽天スーパーポイント」の獲得倍率が2倍になります(デビットカードの利用は適用外)。指定取引は、例えば楽天銀行で宝くじを購入も対象になるので、「TOTO」や「LOTO」も含めてよく購入する人ならクリアも容易でしょう。

会員ステージは預かり資産か取引回数で決まる仕組み

また、裏技として、25日前にATMの利用手数料が無料ですむ3万円以上の希望ランク額を楽天銀行に入金、26日にさっと引き上げるという方法もあります。給料日が25日なら振込口座として届けておくと手間が省けるかもしれません。メーンバンクとして使いたい場合は、アプリか公式サイトでさらに詳細を確認してください。

これと別に「楽天クレジットカード」を持っている場合は、引き落とし口座を楽天銀行にすると、引き落としでたまる楽天スーパーポイントが3倍になるので、楽天市場など楽天グループで頻繁に買い物をする人にはメーン口座としての使用がダントツで得になります。獲得した楽天スーパーポイントはデビットカードでも支払いに利用できるので、上手にポイントをためましょう。

楽天市場でよく買い物をする人にはお勧め

さあ、あとは精算時にクレジットカードと同じ扱いでキャッシュレス払いをするだけです。いちいち「デビットで」というと「?」という顔をされるので「カードで」と言って使って、2%・5%還元の恩恵にあずかりましょう。 (U)=雑誌・ウェブ編集者、50歳代後半

楽天銀行

←(3)楽天銀行口座をスマホで開設してカード発行

→(5)まとめ、キャッシュレスをお得に活用しよう

[暮らし=キャッシュレス生活コト始め]記事一覧

★[分野別]キャッシュレス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る