[ニュースセレクト]イトーキが電動上下昇降デスクに座り過ぎを動いて知らせる機能搭載

イトーキは、電動上下昇降デスク「toiro(トイロ)」=写真左=に、長時間座り過ぎていると動いて知らせる機能を搭載した、と発表した。業界初という。長時間座り続けて仕事をすると生産性や創造性が低下するうえ、健康に悪影響があるとされることから開発。オフィス活動計測アプリ「Workcise App.」にtoiroとの連携機能を加えた=写真右。

働き方改革や健康経営を進める企業で座り過ぎを防ぐ上下昇降デスクの導入が増加する一方、実際は座ったまま高さを変えないことが多い。イトーキはtoiroを効果的に使えるようにするため、Workcise App.を改良した。Workcise App.はスマートフォン用アプリで、立つ、歩く、座るといった活動を測り、働き方を数値化する。

計測したデータから消費カロリーが少ない座った姿勢が連続した場合を検知し、デスクの天板を約1cm動かして知らせる。さらに会議が終わる10分前、デスクでの集中時間の終了など気付きが必要なタイミングが設定できる。Workcise App.は、初期入力した身長情報を基に快適に仕事ができる高さに自動調節する機能も備える。

イトーキ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る