[ニュースセレクト]ごみの投入に反応してさまざまな情報をサイネージに表示するごみ箱

凸版印刷は、ごみの投入に反応して付属のサイネージ(ディスプレー)にクーポン発行やイベント情報などを表示するごみ箱「PoyPort(ポイポート)」=写真=を開発し、2月5日に販売を始めた、と発表した。企業のブランドをアピールしたりマナー向上を促したりできる。東京五輪を今夏に控え、イベント会場や観光地向けに展開する。

ごみの捨て口にセンサーを搭載し、ごみが入ったことを自動的に検知してサイネージに映像を流す仕組み。ごみ捨て行動に連動してさまざまな演出が可能になり、くじ、ルーレット、懸賞の映像表示や、クーポンキャンペーンなど企業のプロモーションにも使える。映像を出し分けることでアンケートやクイズも実施できる。

ごみが捨てられた日時や、どの捨て口に入れたかのデータの取得も可能。分別方法の表示で適切なごみ処理を促進することもできる。本体を変更すると、ポスト、レンタル品、入館証、カードキーなどの回収ボックスになる。1台20万円から。専用のサイネージとセンサーを取り付ければ、既存のごみ箱でも情報発信を実現する。

凸版印刷

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る