[ニュースサマリー]マロニーが乳酸菌L-137配合海藻麺/JR東日本などが「新幹線eチケットサービス」/「ティファール」の電気ケトルがリニューアル/電動アシスト自転車はメーカーで選択/座り過ぎを知らせる電動昇降デスク/書類を入れたまま書き込めるホルダー

ハウス食品グループでデンプン麺を手掛けるマロニーは、海藻の食物繊維で作った食材「プチプチ海藻麺」シリーズの新製品「乳酸菌L-137 プチ!プチ!海藻麺」=写真左=を2月21日から順次発売する、と発表した。1人用50gで、乳酸菌L-137を100億個配合した。137円(税別)。既存商品のパッケージも変更=写真右。糖質ゼロをアピールする。
↑ニュースリリース

JR東日本、JR北海道、JR西日本は、新幹線IC乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を3月14日に始める、と発表した。「えきねっと」など専用サイトで予約した後、「Suica」をはじめ手持ちの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチして乗車する仕組み。東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線が対象。
↑ニュースリリース

調理器具・小型家電ブランド「ティファール」を展開する仏グループセブの日本法人、グループセブジャパンは、ティファールの電気ケトルの定番商品で軽量タイプの「アプレシア・プラス0.8L」を3月にリニューアル発売する、と発表した。注ぎ口を先に向かって細くなるデザインにし、湯を注ぐ際の湯量調節を容易にした。
↑ニュースリリース

KDDI系のau損害保険は、電動アシスト付き自転車の利用実態調査(12月10、11日、回答・自転車を持つ5752人)の結果を発表した。保有率は17.3%で、購入の動機は「居住地付近に坂道が多い」が最多の25.6%。選ぶ基準は「信頼できるメーカー」29.8%、「バッテリーが長く持つ」26.2%の順。故障は24.9%が経験していた。
↑ニュースリリース

イトーキは、電動上下昇降デスク「toiro(トイロ)」に、長時間座り過ぎていると動いて知らせる機能を搭載した、と発表した。業界初という。長時間座り続けて仕事をすると生産性や創造性が低下するうえ、健康に悪影響があるとされることから開発。オフィス活動計測アプリ「Workcise App.」にtoiroとの連携機能を加えた。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

キングジムは、書類を入れたまま書き込みできることで人気になっているクリアーファイル「カキコ」で、新たにホルダータイプの「カキコホルダー」を2月28日に発売する、と発表した。従来のカキコの特長を維持しながら、立ったままでも使える形状にした。書類とペンを一緒に持ち運びできるようにペンホルダーも付けた。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る