[ニュースセレクト]低糖質・高タンパク質の食品配達、第1弾はブロッコリー&チキン

糖尿病をはじめとした生活習慣病改善に向けた食事提供事業のために設立したフウド(東京都港区)は、低糖質・高タンパク質の食品配達サービス「GOFOOD(ゴーフード)」を2月5日に始めた、と発表した。第1弾として、電子レンジで温めるだけで食べられる糖質カットメニュー「ブロチキ(ブロッコリー&チキン)」=写真=を発売した。

GOFOODは全国に配送するフードデリバリーサービスで、健康に適した栄養のある食事を届けることで、糖質の取り過ぎなどに伴う生活習慣病患者や予備軍の改善を目指す。低糖質・高タンパクなうえ、おいしく楽しく手軽な食事体験を提供するという。インターネットで注文すると送られてくる。ブロチキは冷凍した状態で届く。

ブロチキは調理することなくレンジで解凍すれば食べられる。S(250g)、M(300g)、L(350g)の3サイズを用意した。各サイズともブロッコリーは100gで、鶏肉の量が異なる。Sサイズは鶏肉150gとブロッコリー100gとなり、タンパク質が33.2g含まれ、糖質は2.1gに抑えている。5食セットでSは2990円(税別)。定期購入も受け付ける。

フウド

GOFOOD

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る