[ニュースサマリー]本物そっくりの猫型ロボット/「ホコリセンサー付き空気清浄機」/大阪に「ベビースター」の都市型テーマパーク/女性の87%がテレワークに興味/ごみ投入に反応して情報を表示するごみ箱/吉野家とRIZAPが「牛サラダエビアボガド」

シニア向けコミュニケーション玩具開発のデジレクト(東京都八王子市)は、本物そっくりの猫型ロボット「しっぽふりふり あまえんぼうねこちゃん」=写真=を2月22日に百貨店、玩具店、通販などで発売する、と発表した。ふわふわな抱き心地で鳴き声、尻尾の動き、感情表現は100通り以上。名前を呼ぶと反応する。1万9800円(税別)。
↑ニュースリリース

日用雑貨・家電製品卸売業のドウシシャは、「ホコリセンサー付き空気清浄機 APU-101H」を2月上旬に家電量販店で発売する、と発表した。センサーが部屋のホコリを感知し、自動で「強」「弱」「静音」の運転モードに切り替わる。直径21cm、高さ31cmの円筒形で全方向からPM2.5や花粉などを集める。適用床面積は約10畳。
↑ニュースリリース

麺菓子「ベビースターラーメン」のおやつカンパニー(津市)のコンテンツを生かした娯楽施設運営のおやつタウン(同市)は、都市型テーマパーク「リトルおやつタウンNamba」を大阪市浪速区の商業施設「なんばパークス7階」に7月下旬開設する、と発表した。体験コーナー、アミューズメント、フードエリアなどで構成する。
↑ニュースリリース

求人情報サイト大手のエン・ジャパンは、女性向け同サイトで実施したテレワークをテーマにしたアンケート(2019年12月19日~2020年1月27日・回答女性910人)の結果を発表した。87%が「興味がある」と答え、理由(複数回答)のトップは「通勤ストレスがなくなる」の81%。「経験がある」の回答は9%にとどまっていた。
↑ニュースリリース

凸版印刷は、ごみの投入に反応して付属のサイネージ(ディスプレー)にクーポン発行やイベント情報などを表示するごみ箱「PoyPort(ポイポート)」を開発し、2月5日に販売を始めた、と発表した。企業のブランドをアピールしたりマナー向上を促したりできる。東京五輪を今夏に控え、イベント会場や観光地向けに展開する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

牛丼チェーンの吉野家は、パーソナルトレーニングジム運営のRIZAP(ライザップ)と共同開発した新メニュー「ライザップ牛サラダエビアボガド」の販売を全国の吉野家店舗で2月6日午前11時に始める、と発表した。低糖質・高タンパク質のメニューで、吉野家全店で展開するメニューで初めてエビ、アボカドを食材に使った。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース(吉野家)
↑ニュースリリース(RIZAP)

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る