[ニュースサマリー]「変なカフェ」のロボットがバージョンアップ/写真の文字を「一太郎」と連動/「トラノコ」で98.5%が利益/感染症でも7.8%はマスクを着けない/イケアが初のビジネス向けプランニングスペース/「かっぱえびせん」リニューアル

エイチ・アイ・エスは、同社が運営するロボットカフェ「変なカフェ」(東京・渋谷)でコーヒーを提供するロボット=写真=を2月6日にバージョンアップした、と発表した。カメラと連携したAI(人工知能)で来店者の性別・年齢層を判断し、それぞれに適した言葉や動作をする接客を実現。手動だったカップのセットも自動にした。
↑ニュースリリース

ジャストシステムは、スマートフォン・タブレット用メモアプリ「一太郎Pad」を2月7日に公開した、と発表した。撮影画像や端末に保存してある写真の中の文字をテキストにし、同社の最新ワープロソフト「一太郎2020」での文書作成につなげられる。無料。紙のみの資料を撮影して活用できる。一太郎2020も同日発売した。
↑ニュースリリース

資産運用・アプリ開発のTORANOTEC(東京都港区)は、同社子会社のTORANOTEC投信投資顧問が運営する少額投資アプリサービス「トラノコ」の成果を発表した。3本のグローバルバランスファンドで2017年5月~2019年11月に利用者の98.5%が利益を出した。運用収益が0~10%が92.8%、10~30%が3.7%で、50%以上も1.4%。
↑ニュースリリース

旅行プラットフォーム運営のエアトリは、マスク着用に関するアンケート調査(2月2~4日、対象1322人)の結果を発表した。自身が感染症にかかった時に常に着用するのは71.0%にとどまり、7.8%は着けない、と回答。着用しない理由は息がしづらい、面倒など。接客業経験者の73.2%は客からうつされる不安を感じていた。
↑ニュースリリース

家具大手のイケア(スウェーデン)の日本法人、イケア・ジャパンは、同社で初となる法人・ビジネスオーナー向けプランニングスペースを東京・渋谷に2月20日開設する、と発表した。「IKEA for Business」と呼ぶ。入会金・年会費無料のメンバーに予約制でプランニングサービス(有料)を行う。2月7日に予約受付を始めた。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

カルビーは、ロングセラーのスナック菓子「かっぱえびせん」ブランドの商品をリニューアルして発売する、と発表した。2月上旬から順次切り替える。天然エビの使用量を増やすと同時に、天然エビを丸ごと使ったパウダーを味付けに利用してエビの風味を向上させた。塩分量も調整する。新しいパッケージでアピールする。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る